earticle

논문검색

日本語母語話者のターン交替における語用論的特徴について― 機能的分類による定量的分析と会話教育への示唆 ―

원문정보

Pragmatics in Turn-taking in Japanese Native Speaker’s Conversation:Quantitative Analysis for Japanese Language Teaching

磯野英治

피인용수 : 0(자료제공 : 네이버학술정보)

초록

일본어

磯野(2010b)では、会話の中でインタラクションの特徴が最も顕著に現れると考えられる「ターン交替」について、日本語母語場面における統制された大規模なデータを、形式的分類から定量的に分析した。この継続調査として本研究では、磯野(2010b)で調査された形式的分類(表現形式)が会話の中でどのような語用論的な特徴や相対的な機能あるのか、という観点から機能的分類(「応答」「確認」「直接的な発話」)による定量的分析をして、調査・分析を行った。この結果、日本語母語話者のターン交替の特徴として、「応答」からターンを開始することが多いこと、そしてそれはコミュニケーションを円滑に進めるための役割を担っていると考えられること、の2点が明らかになった。また形式的分類と機能的分類を対応させることにより、一つの表現形式が持つ語用論的特徴、及び相対的効果が一様ではないことも確認できた。このような実際の会話データから得られた知見は、より自然なコミュニケーションを日本語教育に取り入れるにあたり、有効な材料となり、会話教育への具体的な示唆となることが確認された。

목차

要旨
 1. はじめに
 2. 先行研究
 3. 研究課題
 4. 研究方法
  4.1. 本研究の概要
  4.2. 被験者
  4.3. 文字化方法と分析データの信頼性について
 5. 分析方法
 6. 分析結果と考察
 7. おわりに
 参考文献

저자정보

  • 磯野英治 Isono Hideharu. 中央大学校, 助教授

참고문헌

자료제공 : 네이버학술정보

    함께 이용한 논문

      ※ 기관로그인 시 무료 이용이 가능합니다.

      • 4,600원

      0개의 논문이 장바구니에 담겼습니다.