earticle

논문검색

明治 20년대 落語의 ちまう·ちゃう

원문정보

A Study on ‘chimau’․‘chyau’ in Meiji 20th period

李德培

피인용수 : 0(자료제공 : 네이버학술정보)

초록

일본어

現代日本語において3項對立をしている「てしまう․ちまう․ちゃう」は, 統語的機能の面では共通しているが, それぞれ歷史的展開過程は異なる。明治20年代前半に口演された落語24作品に見られる「てしまう․ちまう․ちゃう」の用例を分析した結果,「ちまう」は22の作品で用例が確認される一方,「ちゃう」の用いられた作品は3つにとどまっていることが明らかになった。明治20年代前半には「ちゃう」より「ちまう」が一般的であったことが確認されたが, これは小説を分析した結果と一致する。「ちまう」は, ほぼすべての活用形がそろっており, 助動詞として機能していたようであるが,「ちゃう」の活用は連用形に限られている。調査した範囲内で見た限り, 落語において使われた最初の「ちゃう」の用例は, 古今亭今輔の「樟腦玉」(1890, 明治23)である。なお,「てしまう」と「ちまう」は地と詞に共通して使われている反面,「ちゃう」の使用は詞に限られている。明治20年代には,「ちまう」の使用が「ちゃう」にくらべてはるかに広範囲にわたっていたことが認められるが, これは現在の状況とは逆であり,「ちまう」「ちゃう」の逆転は明治時代以降起った現象と見られる。

목차

要旨
 1. 머리말
 2. 落語와 도쿄어
 3. 연구의 범위와 방법
 4. 사용실태
  4.1 작품별 사용실태
  4.2 구연자별 사용실태
  4.3 地와 詞의 사용실태
 5. 맺음말
 참고문헌

저자정보

  • 李德培 이덕배. 전남대학교 교수, 일본어학

참고문헌

자료제공 : 네이버학술정보

    함께 이용한 논문

      ※ 기관로그인 시 무료 이용이 가능합니다.

      • 4,300원

      0개의 논문이 장바구니에 담겼습니다.