earticle

논문검색

전략가 정도전(鄭道傳)과 아라이 하쿠세키(新井白石) - 정통왕조와 역사해석 -

원문정보

戰略家鄭道傳と新井白石 - 正統王朝と歷史解釋 -

박홍규

피인용수 : 0(자료제공 : 네이버학술정보)

초록

일본어

1392年。この年に韓半島と日本列島では歴史的な政治事件が起こった。韓半島では高麗王朝から朝鮮王朝へと王朝交替があり、日本列島では南朝が滅亡し長年にわたって続いてきた南北朝の分裂状態が終結した。しばしば歴史的事件とは事件それ自体より思想家とくに戦略的な思想家によって歴史解釈の対象となってもっと重要なことになる。朝鮮の鄭道伝(1342-1398)と江戸の新井白石(1657-1725)は各地域で起こった1392年の事件に対する戦略的な解釈を通してイデオローグとしての真面目を表した。 儒学という総合的理論体系を共有した二人が自分の直面した現実の政治的課題、すなわち各々が属している朝鮮王朝と徳川武家政治体制を正統王朝として確立するため各々の歴史をいかに解釈したのかを比較してみるのが本稿の目的である。それによって儒学者官僚が統治する朝鮮と武士が支配する江戸時代がもっている異同の一面を浮彫りにすることができよう。

목차

1. 머리말
 2. 인물과 시대적 과제
 3. 주자의 정통왕조론
 4. 정도전의 왕조순환론
 5. 하쿠세키의 왕조교체론
 6. 맺음말
 <参考文献>

저자정보

  • 박홍규 Park, Hong Kyu. 고려대학교 정치외교학과 부교수

참고문헌

자료제공 : 네이버학술정보

    ※ 기관로그인 시 무료 이용이 가능합니다.

    • 6,100원

    0개의 논문이 장바구니에 담겼습니다.