earticle

논문검색

일본 애니메이션의 세계화 전략 - 미야자키 하야오(宮崎駿) 애니메이션의 표현컨셉 -

원문정보

日本のアニメ-ションの世界化戰略 - 宮崎駿のアニメ-ションの表現コンセプト -

일본のアニメ-ションの세계화전략 - 궁기준のアニメ-ションの표현コンセプト -

오상현

피인용수 : 0(자료제공 : 네이버학술정보)

초록

일본어

日本のアニメション(Japanimation)が日本人だけではなく、世界人の關心の中で非常に人氣があったというのはよく知られていることである。その成功秘訣はだいたい次の三つの要因がある。第一は、觀客たちが共感することができる主題要素を描き出すイメジを非常に多彩的な構成方式で製作して、人類の普遍的な値をイメジ化しながら、主題要素を表わす優秀性にある。特に、時空を超越するストリを展開
させながらも現實性に共感基調を形成させているし、人類が志向しなければならない「共同の未來鄕」を提示することで新しい世界の誕生を希望する。二番目は、アニメション作品が發賣開始される前から作品を廣報するなど、戰略的で積極的にマケティングして來た結果だと言える。そして、三番目は、一步進んでキャラクタ商品を開發して、第一次的な作品の關心の余韻が消える前にキャラクタ産業にまで連結させる「製作システム」が完璧に裝着されているという点にある。
宮崎の作品で判斷される作品と現實世界との距離は、常に、現代を振り返るようにする課題を抱かれてくれる。例えば、彼の作中の事件は現實の中でも發生するかに對する警鐘を提示するために現實世界の直前の過去が分かりたくする一方、そういう問題を解決することができる解決の糸口としての鳥瞰圖の役目をしたりする。
 日本アニメション(Japanimation)が世界的な位置を占める比重はより一層大きくなるということを考えれば、日本の大衆文化が國際的に市場に進出しながらアメリカによる「文化帝國化」を牽制しながら、人類の普遍志向を主なメッセジにして、文化の多樣性を試みている

목차

Ⅰ. 서론 
Ⅱ. 미야자키 하야오의 작품구분과 표현전략 
Ⅲ. 작품의 표현전략 : 인류의 구도의식과 정화의식 
Ⅳ. 결론

저자정보

  • 오상현 서울대학교 인문학연구원 선임연구원 겸 홍익대학교 겸임교수, 일본문학

참고문헌

자료제공 : 네이버학술정보

    ※ 기관로그인 시 무료 이용이 가능합니다.

    • 6,300원

    0개의 논문이 장바구니에 담겼습니다.