earticle

논문검색

일본의 영어 공용어론

원문정보

日本の英語公用語論

일본の영어공용어론

이동욱

피인용수 : 0(자료제공 : 네이버학술정보)

초록

일본어

世界化時代の典型的な例として英語の世界的擴散がよくあげられる。英語の世界化 問題をめぐる英語優先主義者と英語帝國主義者との激しい論爭はいまだ止まらないが、最近一方的な英語浸透の深刻性についての自覺意識が一層高まって、英語による 言語の一元化(世界化)に對抗し、文化の多樣性が强調される多言語(多文化)主義がもう一つの流れとして位置づけられるに至った。しかし、このような流れとは相反する 動き、つまり英語公用語論が最近東アジアの日本で起こり始めており注目をひく。英語公用語論の背景に英語優先主義の論理が適用されているということは言うまでもない。勿論逆らいにくい世界化の波を克服するための一つの代案として持つ、英語公用語論の値までを否定することはできないであろう。しかし、これのみが唯一の代案であるかという問いにはやはり懷疑的である。本稿は世界化時代を生きていく方法として提示された日本の英語公用語論についての考察で、この問題と關連のある旣存の論議への檢討を土台にし、日本における英語 公用語論の根據、背景、究極的目的、英語公用語の制定がもたらしうる否定的側面な どに接近してみようとしたものである。

목차

Ⅰ. 서론 
Ⅱ. 영어공용어론의 목적 
Ⅲ. 공용어의 개념 
Ⅳ. 비용과 효과
Ⅴ. 차별성
Ⅵ. 정체성
Ⅶ. 결론

저자정보

  • 이동욱 서울대학교 인문학연구원 선임연구원, 일본어학

참고문헌

자료제공 : 네이버학술정보

    ※ 기관로그인 시 무료 이용이 가능합니다.

    • 5,200원

    0개의 논문이 장바구니에 담겼습니다.